最近では、社会人となると毎日の健康管理も仕事のうちとなります。
突然の病気も毎日の健康管理の積み重ねです。病気になる人とならない人の違いも研究されています。
勿論、体の状態によって、体調管理できない場合もありますが、怪我等、不意な不注意で起こる場合は、日々の健康管理と少し違うのですが、それでも、充分な睡眠と充分な栄養状態が日々の健康を維持できます。

年だからという理由では、健康管理を維持できる訳がないですし、年齢に関係なく、健康状態を維持するために日々、努力する必要があります。

年齢と共に健康に関心を持って、日々の健康状態を良くしておく必要があります。
少しの不注意で怪我する場合もあり、防止できることもあります。

日々、慌ただしく生活していると健康状態の悪化に気付きにくいですし、急病しやすいとされます。
急病は、ある程度、予防できることも多いです。最も重要な点は、過去の生活習慣によって、年を重ねるごとに病気になったりします。

過去の生活習慣とは、たばこやコーヒー等、食事によっても、病気の原因となる場合があります。
長年、たばこを吸っているとかなり体の状態が悪化しやすいとされています。
血管の病気にかかりやすいとされています。