コントミンを飲んで『コントミン』

コントミンを飲んでいます。 医師の勧めで以前ジプレキサを飲んでいたのですが、太ってしまったのでやめました。

今思えば医師の金儲けだったのかな…と思います。 それから何か変わるものを、と思い自分でいろいろ勉強して医師にコントミンを飲んでみたいと

言いました。 医師はあっさり処方してくれました。 依存のないものが飲みたかったのです。

ベンゾジアゼピン系は極力避けたかった。 それで、コントミン…。 パニック発作、広場恐怖もちの私に、コントミンは合っていました。 緊張からくる吐き気を抑えるために二時間ほど前から人前に出る時・仕事の前には飲んでおく。

12・5㎎の一番少ない量で、私には十分でした。 緊張していると眠気も来ないですし。 そしてそれを二粒飲むと、夜ぐっすり眠れます。 二年ほど、私はずっと具合よかったのです。

でも最近朝が起きられなくなりました。 どんどん起きる時間はずれて、動物をほったらかして昼前まで寝てしまうことも。 なぜだろう、何が悪いのだろう…と思いながら飲もうとしたコントミン。 もしかしてこれか…と思った私は、その日久しぶりにコントミンを飲まずに寝ました。

導入剤だけでの就寝で心配でしたが、意外にもあっさり眠れ、そして次の日あっさり起きること

ができました。 なんだ、もう大丈夫じゃないか、そう考えて飲むのをやめて数日…。 朝起きた私は、ひどく吐き気がしていました。 気分が悪くて立っていられない。

もしかして…と思いコントミンを一粒飲みました。 そして横になっていたら、楽になりました。 そう、離脱症状が出たのです。

依存しないんじゃなかったのか?!と疑いましたが事実、体はコントミンを要求しています。 仕方なく、飲みたくない薬を少量ずつ減らして飲んでいくことにしました。 安易に飲みだした自分が馬鹿でした。

いったいいつまで飲まなければいけないんだろうと不安です。 だけど薬って恐ろしいと思い知らされました。 依存していないつもりだった。 しないように気を付けていた。 なのに…。

これから焦らずゆっくり減薬していきますが、たった一粒、二粒のコントミンでこんなになって

しまった私…。 もっと飲んでいる方々はどうしているのでしょうか。一生薬漬けなのでしょうか…。

※こちらの体験談の内容は個人の感想です。薬の内容を保証するものではありません

関連情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ